CBR250RRがかっこよすぎると話題に!

発売されてまだ間もないCBR250RRですが、その見た目のかっこよさから、ネットではかっこよすぎるというコメントが続出しています。




250ccクラスの中でもかなり豪華な装備とデザインになっているCBR250RR

どんなバイクなのか、見ていきましょう。

・価格は756000円〜

250ccクラスの中ではやや高めに設定されていますが、値段相応のデザイン、装備なので、問題ないですね。

ABS付きは

806760円〜です。

価格は消費税込みです。

 

・250ccならではの低燃費!!

このCBR250RRの燃費ですが、
リッター40.1km/L(60km/h定地燃費値)とかなりの低燃費を実現しています。

燃料タンクも13Lと大容量で、ロングツーリングもこなせますね。

・電気周りがLED仕様!

このCBR250RR、なんと最初から

ヘッドライト、ウインカーランプ、テールランプがLED仕様です。

ヘッドライトはデュアルヘッドライトと呼ばれており、上側にライトガイド構造によるライン発光のランプを備え、下側は左右それぞれにハイとローの切り替え機能を備えた斬新なデザインとなっています。

ヘッドライトはコンパクトで、見た目もかなりカッコいいですね。

・車体情報

サイズは725(幅)×1,095(高さ)×2,065(長さ)mm

車両重量は165kg

見た目はかなりいかつい感じです。

エンジンは2気筒。

また、250ccバイクとしては初となる、電子式でスロットル開度をコントロールする

「スロットル・バイ・ワイヤシステム」や、エンジン特性を「Comfort」「Sport」「Sport+」の3種類に切り替えられる機構など、小排気量クラスとは思えない充実した装備となっています。

CBR250RRのフルデジタルメーター は、液晶エリアをとり液晶部を大型化して視認性を向上させながら、

ギアポジション

2種のトリップメーター

時計

燃費計

水温計

ライディングモードなど豊富な情報を搭載しています。

現在は注文が殺到しており、生産が追いついていないようです。

このCBR250RRは、250ccクラス最強といっても過言ではないほどの性能をもっています。

調べていると、およそ17年ぶりに復活したとの記事もあり、昔のレーサーレプリカのデザインで復活ということで、3、40代の方からも人気が出ているみたいです。

いろいろと昔のデザインを復活させて、ライダーが増えていくとバイクの流行る時代がくるのではないでしょうか。




スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA