ルーミー オイル交換しました!

新車で購入して4ヶ月、4000キロ近くまで走りました。

ちょっと早いけどこれから寒くなるし、なかなか時間もとれないのでこの際交換することにしました。



ルーミー購入後初のオイル交換です!

まずは車をジャッキアップします!

車を浮かしたら下に潜ってみます。

ルーミーはアンダーカバーを全て取らなくても、オイル交換しやすいように?

オイルパンの部分だけ外せるようになっていました。

それにしても泥がすごい…

下回り洗浄しないといけませんね笑

 

ネジを1本外したあとですが、運転席側に3本で止まっている10のボルトを外すと、オイルパンとオイルフィルターが見えます。

オイルパンのドレーンは14ミリです。

当然ですが、そこまで締まっていないので、すぐに緩みました。

そういえば、ルーミーのオイルフィルターは中身だけを交換するタイプらしく、従来のオイルフィルターと違うというのを目にしましたが、どうやら本当っぽいですね。



フィルターの中身を変える際に真っ黒になりながら大型トラックを整備していた時を思い出します。笑

 

全部抜き切るまで待ちます。

 

結構汚れてました。

新車なので、鉄粉も少々はいっているのか、緑っぽい茶色でした。

新しいオイルへと交換です。

メーカーにはオイル量2.9Lと記載されています。

少ないですねー!

軽自動車とあまり変わらないくらいの量です。

ちなみに某大型トラックだと38L入ります。

推奨粘土は

0W-20

きりがいいので3L入れる事にします。

オイルパンのドレーンプラグを締めたら、

ここから新しいオイルを入れてやります。

ドレーンプラグは締めすぎると大変なことになるので要注意です。

オイル量確認!

穴と穴の間で、半分以上あれば良い事にします。

新車で購入状態ではちょうど半分くらいで入れてありました。

あとはレベルゲージを戻し、注入口を締めて、五分ほどアイドリングさせます。

漏れがないことを確認して、アンダーカバーを元に戻して、ジャッキを下ろし、平坦な場所で再びレベルゲージでオイル量確認です。

これで作業完了です!



次回はオイルフィルターも交換しようかな!

最後まで見ていただきありがとうございました!

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA