最近の車はほとんどスペアタイヤを積んでいない訳とは?

最近の車は昔のようにスペアタイヤを積んでいる車種は格段に減りました。



4WDの車も昔のジムニーやパジェロ、ハイラックスのようにドーンとトランクのドアにスペアタイヤを装着することはなくなりましたね。

今のほとんどの車はパンク修理剤などの応急修理セットで対処されています。

・何故、応急修理セットで対処するようになったのか

1番の理由としては「燃費」なのではないでしょうか。

今、自動車業界は、燃費に対して非常に力を入れており、少しでも積載量を軽量化し、燃費を向上させることも1つの要因でしょう。

2つめの理由として

室内空間を広くとるため

でしょう。

今の車は室内空間の広い車が人気で、積載スペースが多く、なおかつ室内空間を広くしたいという思いからスペアタイヤを廃止したのではないでしょうか。

3つめは

女性や高齢者ドライバーが増えたため

という点もあるでしょう。

スペアタイヤはパンクした場合、ジャッキアップやホイールナットを緩めてタイヤを外す作業がどうしても必要になってきます。

その点応急修理剤なら、手軽に行うことができることも、スペアタイヤを廃止した要因でしょう。

保険会社やJAFの普及で、ロードサービスを利用しやすくなったこともあるのかなと思います。

・環境への配慮も理由の1つか?

スペアタイヤを一度も使うことなく廃棄することも多いようです。

環境に配慮するためにスペアタイヤを廃止したのではとも言われています。

一方で、普及している修理剤セットも使わないまま使用期限が切れて買い替えなければいけないなどの問題もあるので、どちらがいいのか、意見が分かれるところですね。

・必要であれば修理剤セットではなくスペアタイヤをオプションでつけることも可能

どうしても応急修理剤セットでは不安という方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、ほとんどの国産車は追加オプションでスペアタイヤをつけることも可能なようです。

 



段々と廃止されつつあるスペアタイヤ。

スペアタイヤ派の方はオプションでつけてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA