レーサーも使用する高性能エンジンオイル

自動車に乗る方ならだれもが行うことになるエンジンオイルの交換。

自分で作業する方や、ディーラーや民間車検工場、カー用品店で交換してもらう方など、様々だと思います。



その時に誰でもコストをなるべく下げたいと思うのではないでしょうか。

ふと、こんなことを思うことはありませんか?

・安すぎるエンジンオイルは本当に大丈夫なのか

・ディーラーや民間車検工場はどんなエンジンオイルを使用しているのか分からない

・よさそうなエンジンオイルがあるけど意外と高い・・・

・どのエンジンオイルがいいのかわからない

など、思うことはたくさんあると思います。

コストを抑えることができ、なおかつ高品質なエンジンオイルで、過酷な走りをするレーシングチームやレーサーの中で、今注目を集めているのが、TAKUMIモーターオイルです。


TKUMIモーターオイルは、レース業界では有名なブランドで、世界17ヵ国で使われているという実績があります。

・高品質の100%化学合成エンジンオイル

エンジンオイルには大きく分けて3つに分類されており、

「鉱物油」

「部分合成油」

「化学合成油」

に分けられます。

一般的な安いエンジンオイルは鉱物油がほとんどです。

この中でも低温時の流動性や安定性に優れた化学合成油は、総合的な性能が優れており、鉱物油や部分合成油に比べて価格も高いです。

そんな化学合成油を使用しているのにどうしてコストダウンできたのでしょうか。

・通販に特化することで、他社同等品の半額程度で高品質オイルの販売を実現

TAKUMIモーターオイルは、カー用品店などには売られていません。

インターネット通販に特化することで、実店舗や代理店を持たない通販専門品として流通コストを下げています。

そのため、化学合成油でもリーズナブルな価格を実現できています。

・多彩な粘度があり、どの自動車にも対応できる

エンジンオイルを購入する際に「0w-20」などの数字を目にすると思います。

これはエンジンオイルの粘度を示しており、車種によって違います。

自動車の取扱説明書に、適正粘度が記載されており、車種に合った粘度を選ぶことが出来ます。

TAKUMIモーターオイルの特徴は、化学合成油なのにリーズナブルなところです。

どのエンジンオイルにするか迷っているときの候補にしてみてもいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA