13年を経過した自動車税はどうなるの?排気量別に見てみました

5月になると自動車の所有者に送られて来るのが自動車税です。

この支払い金額、多くの人は頭を悩ますのではないでしょうか。



実はこの自動車税、新車登録から13年を経過してしまうと、通常の自動車税よりも多く税金を支払わないといけないのをご存知でしょうか?

えぇ?そうなの?

年式の古い中古車を購入しようとしていたんだけど…。

今年で13年経過するんだけど…

と、思っている方は、一体どのくらい税額が上がってしまうのか気になるのではないでしょうか。

今回はガソリン自動車に絞って、どのくらい税額が上がってしまうのか、みていきましょう。

・自家用乗用車の場合のみです。

商用車はまた税額が変わります。

・軽自動車はどのくらいになるの?

通常、軽自動車は登録から13年以内の場合

平成27年3月30日以前の軽自動車は

7200円

平成27年4月1日以降の軽自動車は

10800円

となっています。

これに対し、登録から13年を経過した自動車は

12900円

 

となります。

およそ1.8倍も多くの税金を支払わなければならないんです。

乗用車も同様に増税されます。

・1000cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合は

29500円

13年を経過した場合は

33900円

・1000cc超1500cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合

34500円

13年を経過した場合

39600円

 

・1500cc超2000cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合

39500円

13年を経過した場合

45400円

・2000cc超2500cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合

45000円

13年を経過した場合

51700円

・2500cc超3000cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合

51000円

13年を経過した場合

58,600円

・3000cc超3500cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合

58000円

13年を経過した場合

66700円

・3500cc超4000cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合

66500円

13年を経過した場合

76400円

・4000cc超4500cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合

76500円

13年を経過した場合

87900円

・4500cc超6000cc以下の乗用車の場合

13年未満の場合

88000円

13年を経過した場合

101200円

・6000cc超の乗用車の場合

13年未満の場合

111000円

13年を経過した場合

127,600円

 

となっています。



どの排気量もかなり税額が増えているのがわかります。

・なぜ古い車に重課税するのか

古い自動車は現代の自動車に比べ、環境負荷が大きいためだと言われています。

このほかにも、古い自動車は、車検にかかる重量税なども増税されています。

・重課税を回避するために13年未満の間に乗り換える人も多い

車検費用も新しい自動車に比べて、高くなる傾向にあるので、乗り換える人も多いです。

最近では、インターネットで買取査定を手軽に出来るので利用するユーザーも多くいらっしゃいます。

ディーラーや買取店に持って行った場合、その会社でしか査定は出来ませんが

ネットの買取査定を利用すると、一度自動車の状態を入力することで、いろいろな買取店に査定してもらうので、比較して1番高く買い取ってくれるところに売却できるというメリットもあります。



中古車の検索も出来て買取査定も出来るカーセンサーnetは、使いやすく次に乗りたい車の値段相場などが見れるので便利です。

最後まで見ていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA