バッテリー上がりで悩んだYB125SPでツーリング

こんにちは!

ここ数日、YB125SPの謎のバッテリー上がりで悩んでおり、原因が分かるまで乗るのが怪しかったので、控えていました。

久しぶりの休日でいい天気なので、YB125SPを片道30キロほどツーリングがてらに走らせてみることにしました。



毎日1日おいてはバッテリーが上がっていないか確認していたところ、メーターパネルが、キーをオンにするとつかないことがあり、ボディに繋いでいるアース線を全て外し、水垢などを綺麗に落としてみて付けてみたところ、直りました。

もしかしてバッテリー上がりも簡単なところが原因で上がってしまったのではないかと、再びサイドカバーを外しバッテリーを揺らしてみると、少しターミナルが緩かった事に気付きました。

読者さんに教わったレギュレータやバッテリーの電圧もサーキットテスターでしっかり確認したところ、特に異常はなかったので、もしかしてこれが原因なのかな?

読者さんいつも教えて下さってありがとうございます。

締めなおして走ってみました。

結果はバッテリー上がりすることなく、いつものYB125SPに戻りました。

嬉しいので、帰り道は海や山をゆっくり見ながらツーリングです。

海の近くは潮風が寒いですねー。

しかし、やっぱりバイクで走るのは楽しいですね。

燃費が良いので、遠くまで走ってもへっちゃらです。

ようやく元に戻ってくれたので、暖かい日はYB125SPに乗れそうです。

よかったよかった。



少しトラブルがありましたが、YB125SPもとうとう走行距離が5000キロを超えました。

毎回2000キロ毎に交換をしているので、交換時期が来ました。

また交換の様子を記事にする予定です。

ウィンカーも割れているので、注文しないとなー。

また出先でバッテリー上がりをしてしまうのが怖いので、これからは毎日ジャンプスターターとブースターケーブルを持ち歩いてツーリングに行く事にします!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA