CBR250R(mc41 )ブレーキレバー、クラッチレバー交換作業

こんにちは!

朝方は非常に気温が下がり、私の地域では早朝は12度くらいとなりました。

昼間は暖かく、過ごしやすいですが、温度差が激しい分、体調管理はしっかりとしないといけないですね。



風邪には気をつけたいところです。

さて、某バイク用品店で、いつか買おうと思っていた、CBR250Rのブレーキレバーとクラッチレバーを交換しようと思い、調達しました。

純正になるのかな?

クラッチレバーはCBR250R専用がなかったので、隣にあったCBR250RRのクラッチレバーを流用することにしました。

多分問題無いであろう!

さて交換です。

まずはブレーキレバー!

ご覧のように、研磨剤で擦ってもくすみが取れないので、新しいレバーを取り付けることを決意しました。



この純正レバー、結構気に入っていますw

10ミリのソケットでボルトを1つ外すだけで取ることができます。

外した後。

動きが渋いと思っていましたが、案の定、グリスも切れて汚れだらけですね。

パーツクリーナーで綺麗に拭き取り、新しいグリスを少量塗布しておきました。

新旧比較。

やはり新品はいい輝きだ!

こちらも当たり面にグリスを塗布し、ボルトも清掃して組み付けます。

次に、クラッチレバーです。

マイナスドライバーか、コインで緩めて外します。

10円がぴったり!

100円はちょっと太すぎました!

下には10ミリナットがあるので、そちらを先に緩めたほうが楽です!

レバー交換ついでにクラッチ調整。

切れ目の付いている固定ネジを緩め、ワイヤーを回します。

やはり手では回らず、プライヤーで挟んで調整。

遊びを多くしました。

ワイヤーの清掃もしてみました!

エンジン側のワイヤーにウエスを敷き、汚れが飛んでいくのを防止!

レバーから太鼓を外しワイヤーを少し引っ張って、そこからパーツクリーナーを吹きかけます。

普通はワイヤーを外し清掃するのが基本らしいですが、今回は簡易的に清掃です。

ジューッと吹きかけてエンジン側を見てみると!

こんなに汚れが!!

こまめな清掃は大事ですね。



このクラッチワイヤー、見ての通り錆びているから交換も近いですね…。

先にチェーンですがw

5-56でも有名なKUREのチェーンとワイヤーに使える専用スプレーがあったので購入!

ホームセンターで900円程でした。

青い粘度の高い液体!

コレをワイヤーの中に吹きかけます。

これにてワイヤー清掃は終了です!

あとは新品のクラッチレバーを取り付けます。

CBR250RR用のクラッチレバーは少し曲がりも浅く、細い感じですね。

取り付けてみましたが、ポン付け可能でした。

シルバーがより一層際立ちました。

台風でやられたカウルは流石に直せませんが、またちょこちょこと部品の交換をしていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA