ホンダ レブル250の車両情報メモ

250ccの魅力はなんといっても「車検」がないところ。


車検がないということは、2年ごとに支払う重量税(250cc の場合は新車購入時のみ支払う。)検査費用、車検費用(もちろんメンテナンスは必要です。)

が必要ないということです。

自賠責保険料はどうしても支払う必要がありますが、251cc以上のバイクに比べて、2年ごとに車検を行うという手間を省ける上に、自動車税も3600円と、125ccより安くは出来ませんが維持費を抑えることが可能です。

この記事では、ホンダから発売されているクルーザータイプのバイク「レブル」を紹介して行こうと思います。

ホンダ公式HPから引用

レブルは250ccと思えない大柄な車体(レブル500と同じ)、見た目のシンプルさ、タイヤの太さなどが非常に魅力的な車種です。

車体自体が低く、足つきも良好なのですが、メーターが残念という意見も多いです。

レブル250の基本情報

 

全長 2190mm
全幅 820mm
シート高 690mm
車両重量 170kg
燃費 46.5km(カタログ値)
乗車定員 2名
原動機種類 4ストローク
気筒数 2
冷却方式 水冷
排気量 249cc
価格 537,840円(ABSなし)

588,600円(ABS)

 

実燃費は30km/ L前半くらいだそうです。

燃料タンクも11Lと大きく、長距離ツーリングもこなせそうです。

ファミリーバイク特約は使えないものの、自動車専用道路、高速道路に負けません。

タイヤも太く、足つきもとても良い。

実際に見学して跨ってみましたが、170センチの私でも足つきはべったりでした。



ハンドルが少し遠いという意見もあるが、ここは好みが分かれそうです。

現行車では少なくなったクルーザータイプのバイクなので、気になる方は試乗してみるとますます気に入るかもしれませんね!

最後まで見ていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA