巨人若返りのために村田修一選手を戦力外に…

巨人は13日に村田修一選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。



村田選手は2012年に横浜(現DeNA)から国内FA権を行使して巨人へ入団したことは話題になりましたね。

横浜時代にも豪快なバッティングで本塁打王のタイトルを取っていたことを覚えています。

チームの主力として、3度のリーグ優勝、12年の日本一に貢献し、

昨季は三塁レギュラーとしてチーム唯一の全試合出場を果たし、ベストナインとゴールデン・グラブ賞を受賞した。

村田選手は2002年にドラフト自由枠で横浜に入団。

2012年に巨人にフリーエージェント移籍。今季は118試合に出場し、

打率262.

本塁打14

打点58

をマークしてます。

今季はマギー選手の獲得もあり、

開幕スタメンから外れるなど、出場機会が減少していました。

後半戦から三塁に起用されるようになりましたが、

規定打席には届かず、シーズンが終了しました。

村田選手も悔しいと思います。

通算の出場試合数は1953試合で、2000試合出場まであと「47」、通算2000安打まで、あと135安打。また、通算本塁打はここまで360本で、節目の400号まであと「40」本としていて、村田選手は争奪戦になるのではないでしょうか。

来季37歳ですが、まだまだ一発を打てて守備力も高いと評判の選手なので、獲得に動く球団も多いと予想されます。

2000本安打も目前なので、達成してほしいですね。




スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA