YB125SPのプラグ、ヘッドライトバルブ交換作業!

ついにYB125SPの走行距離が4000キロに近くなったので、ネットでよくスパークプラグをイリジウムにすると始動性が良くなると書いていたので、この機会に交換してみることに!



ついでに暗くて悩んでいたので、ヘッドライトバルブも交換することに!

まずはスパークプラグからいきます。

またがって右側のエンジンについているこれがスパークプラグです。

このプラグコードは引っ張ると抜けるようになっています。

根元からぐりぐりと引っこ抜きます。

これがスパークプラグ

プラグレンチで外してイリジウムプラグに差し替えます。

YB125SPのスパークプラグの型番は

CR6HIX

です。

旧プラグと比較

焼けてますねー!!

プラグの締め付けは半周と記載されていました。締めすぎ、緩すぎはまずいので、きっちり守りましょう。



あとはプラグコードをしっかりはめてエンジン始動!

明らかに始動性が上がりました。

高いだけあるな・・・。

次にヘッドライトバルブです。

純正ハロゲンバルブは本当暗いので明るいのに変えます。

今回使用バルブはこれです。

ホワイトにしたかったのでこれにしました。

この前に55Wのバルブをつけていたのですが、発熱がひどいので変えました。

W数が高いと、多くの電力を消費してしまうので注意です。

場合によっては配線が溶けることもあるようなので、気を付けましょう。

今回は純正と同じ35Wです。

まずはレンズを外しましょう。

左右のこのねじをとると簡単に取れます。

このカプラを引っこ抜いて、ゴムのカバーも取ります。

この針金でバルブを押し付けているだけです。

ねじを外さなくても親指付近のU部分を押して、引っ掻けをかわすとバルブが取れます。

交換したら逆の手順で取り付けです。

さて点灯確認です。

こんな感じになりました。

夜間に点灯させてみましたが、なかなかいい白色になりました!

これで夜もばっちりです。

HIDには及びませんが、白い色にしたかったので、満足しました。

まだまだこれからもYB125SPをいじっていこうと思います!





スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA