任天堂スイッチVer. バイオハザードリベレーションズ購入レビュー

先月11月30日に発売した、任天堂スイッチVer. バイオハザードリベレーションズを購入しました。

もともとはニンテンドー3DSで発売されていましたが、この度ニンテンドースイッチで発売されました。



 

今回購入したのはバイオハザードリベレーションズとリベレーション2の2作が出来るというので、購入です。


3DS版はプレイしたことがなく、リベレーション2のほうはPS3でバッドエンドのまま終わってしまいました。

価格は税込み5000円ちょっとでした。

早速開封します。

リベレーションズはソフトで封入されており、リベレーション2はダウンロードコンテンツとなっていました。

リベレーション2のダウンロードにおよそ2時間かかりました。

ネット環境がないと、ダウンロードできないのはきついですね。

・リベレーション2をプレイしてみて

画質が格段にきれいになっており、PS3版より操作が難しくなった気がします。

ゲームプレイ中のところどころでかくついて、止まったりするのはマイナス点です。

ローディングも少し長いかな・・・

Wiiのようにコントローラーを使ったアクションは非常に楽しいですね。

時間をかけてクリアを目指したいと思います。



・リベレーションズをプレイしてみて

ソフトになっているこちらはかくつくこともなく、快適にプレイできます。

画質も3DS版より向上しており、難易度も上がっているようです。

3章までプレイしてみましたが、怖さでいうとバイオハザード6よりも上なきがします。

見えない敵やアイテムが多く、こまめにスキャンしないとすぐに弾薬が切れてしまいます。

難しい・・・

まだまだ操作に慣れません・・・。

リベレーション2と操作が違うのでこんがらがってしまいます。

こちらも時間をかけてじっくりプレイしようと思います。

2作を手ごろな価格で楽しめる上に画質も向上しているのでプレイしたことのない方はプレイしてみては?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA