ルーミーのタイヤ交換作業したものの…

気付けば気温がどんどん下がり、真冬並みの寒さとなって、凍結等の注意報が出るような季節となっていました。



ここ最近雪が少し積もるなど、12月の半ばに降るのはこの地方では珍しいです。

そんな中、ルーミーが未だノーマルタイヤなので、前のタントに使用していたスタッドレスタイヤがちょうど14インチなのでそれを使用することに…。

早速作業です。

まずはタイヤを浮かせる為にジャッキアップします。

カー用品店にあるクロスレンチを使用し、ナットを緩めていきます。

純正タイヤを外して、スタッドレスタイヤを取り付け。

トルクレンチできっちり締めて、ジャッキを下げ、作業完了!

と、思いきや、やたらタイヤが引っ込んでしまっていました。

あちゃー

よく見てみると、キャリパーがホイールにスレスレ状態。

キャリパーとホイールの隙間が1センチもない…。

純正のホイールを見てみると、キャリパーとの隙間は2センチくらいありました。

とはいえ、スタッドレスタイヤはほかにないし、すぐに買えるものでもない。

いろいろ調べてみて、ホイールスペーサーをかますことにしました。

謎のイラスト、トムがオススメしているこれをチョイス。

ホームセンターにも売っているとは驚きです。

厚さは5mm。

早速ルーミーのハブとドラムの間に入れてみます。

フロントハブに挟むとこんな感じになってます。

ホイールスペーサーは今までつけたことないので少し不安です。

少しトルクをあげて締めました。

リヤのドラムにも挟みます。

再びタイヤを締めてジャッキを下げます。



さぁどうなる?

ほんのちょっと出た気がします。

キャリパーを見てみると、十分な隙間が出ています。

これなら当たる心配もなさそうです。

100キロ程度走行してみましたが、異音等の不具合もなかったのでよしとしますか。

とはいえ、やはりホイールスペーサーはちょっと怖いので、来年はルーミーに15インチのホイールをつけよう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA