ekワゴン ラジエーターホース交換作業

こんにちは!

先日、ekワゴン(H81W)のラジエーターホースの交換作業を行いました。



ついでにクーラントも交換です。

ラジエーターホースといっても、漏れていたアッパーホースと、サブタンクに繋がるホースを換えただけで、ロアーホースは交換していません。

取り寄せたのは三菱の純正ホースです。

3日ほど前に車屋さんに注文していました。

写真を見てみるとお分かりと思いますが、付け根からじわじわと漏れ出ており、熱でクーラントが固着していますね。

大ごとになる前に交換交換!

エンジン側も見てみると、こちらもバッチリ漏れていますね。

おそらく15年間交換されてなかったのでしょう。

経年劣化で、漏れでている感じがします。

作業開始です!



まずはジャッキアップして、ラジエーターの中の水を抜きます。

プラスチックの白い蝶ネジが付いているのでそこから水を抜きます。

こんな感じに付いてます。

緩めると水が出てくるので、受け皿を忘れずに!

サブタンクに繋がる細いホースをラジエーターから外し、サブタンクを取って水を抜きます。

サブタンクの中身を見てみると水垢がこびりついていました。

適当にシャカシャカ振って洗い出します。

次にアッパーホースを取ろうと、エアクリーナーを外さずにチャレンジしてみましたが、固着してエンジン側が外れず断念。

横着はダメですね…。

エアクリーナーを外してホースが取りやすいようにします。

ホースバンドをずらして、ねじりながら引っこ抜き、ようやく外れました。

新品との比較です。

15年おつかれさまでした。

付け根のこびりついているクーラントを紙ヤスリで落としてパーツクリーナーで綺麗にしてからホースバンドを付け替えて元に戻します。

サブタンクのホースも新品と交換し、あとはエアクリーナーを元に戻して、ラジエーターとサブタンクにクーラントを入れていきます。

満タンにしたらしばらくアイドリングして、エア抜きを行って作業完了です!



いずれスパークプラグも交換しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA