CBR250R(mc41 )に自作サイレンサー取り付け

こんにちは!

季節はもうすぐ冬。

朝の寒さがきつくなる季節の到来ですね。



防寒対策はしっかりしないといけませんね!

さて、CBR250Rのお話しです。

いただいたCBR250Rには、タケガワの社外品マフラー、が付いております。

ドドドドっとなんとも大きなマフラー音なのですが、ちょっとうるさすぎ?

と思い、好みの音量にしたくて、YB125SPの時の自作サイレンサーのように作ってみることにしました。

用意したのはホームセンターに売られているステンレスパイプ。

マフラーの内径よりも少し小さめのパイプを選択します。

中に差し込んでみて、長さを取ります。

途中で曲がっているので、小さなサイレンサーになりそうです。

サンダーでパイプをカットし、排気抜けを良くするためにドリルで穴を適当に開けていきます。

小さなパイプなので面倒でした。

YB125SPの時からお世話になっているステンレスたわし!

これを先程のパイプに巻きつけ、穴からステンレス製の針金を通して固定していきます!

こんな感じ。

ホームセンターでこんなものを発見。

パイプとパイプをつなぐジョイントだそうです。
耐久性なさそうだけど、とりあえずお試しで買ってみました。



サイレンサーに使っているブログがあったので、真似してみることに。

適当に開けた穴の1番上にタップを切り、ネジを組み込めるように改良します。

端に適当な金属をつけて、飛ばないように固定。

見た目はなんかサイレンサーっぽいw

あとは音量ですねー。

やはりあると無しではかなり違うことを実感します。

マフラーは適度な音量がやっぱりいいですね!

試走してみて問題なし!

これにて作業完了です。



と、言いたいところでしたが、本日、高速道路走行中にパイプをつなぐジョイントが溶けてしまいました。

耐久性に問題ありですね。

もう少し固いステンレス製のいいものをホームセンターでまた物色してみようと思います。

なかなか難しいものです。

最後まで見てくださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA