YB125SP キャブ調整作業再び

こんにちは!

ここ最近、一段と冷え込みが強くなりましたね。



昼は快適なのですが、通勤でバイクに乗る朝方はついにマイナスが当たり前になってきました。

そこで、夏からまったいじっていなかったYB125SPのキャブを調整していきます!

素人整備ですが、挑戦!

youtubeに載っていた調整方法で作業。

  • 一度右に回して全閉にし、そこから1.5周回す。

暖気後とは記載されていなかったが、暖気てから合わせた方が正確に合うと思うので、今回は暖気してから作業です。

  • アイドリング回転数を1500に合わせ、そこから写真の金色のマイナスドライバーが入るようなところを回転数を見ながらゆっくりと開き、一番回転数の高い箇所を見つける。
  • アイドリング回転数を調整するスクリュー(反対側に手回し出来るネジがあるので、そこを回す)を再び回し、一番回転数の高い場所から再び1500回転に戻す

だそうです。

夏場調整したつもりだったけど、開きすぎていました。

動画どおり調整をして、走ってみたけど、なんとなく良くなった気がします!

暖気していると、マフラーからポタポタと水が漏れていましたw



何事か!

とおもいのぞいてみると

どうもこのリベットで止めてある鉄部分から水が!!

下側が錆びだらけになってました…。

マフラーのガスケットも水浸しになっていたので取り外してみることにしました。

あーあ…。

なぜ今まで気付かなかったんだろう…。

隙間の錆びは諦めて、周りの錆びをきれいに落として再び取り付けます。

というか、マフラーの中すごい!

超ドス黒いです…。

サイレンサー側もこの通り真っ黒!!

こりゃいつか掃除しなきゃなー。

再び取り付けてチェックするも、まだ水が漏れてる感じです。

また時間あるときに原因究明しよう。

最後まで見ていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA