CBR250R(mc41 )のエンジンオイル、エレメント交換作業

こんにちは!

季節はすっかり春!



ツーリングシーズン到来です!

つい先日、バイクショップの店員にお話を聞いてみると、3月はバイクがよく売れるらしく、すでに40台程度売れているという話を聞いてびっくりしていますw

ツーリングシーズンだからよく売れるだとか。

なるほど、とても参考になりました。

ってことで、CBR250Rのメンテナンスをします!

今回はエンジンオイルとエレメントの交換作業。

まだ2000キロも走行していませんが、オイルエレメントが交換してあったのか不安だったので作業してみることにしました。

まずはカウルを外す

アンダーカウルを外します。

真ん中をビスで左右を固定されてあるので、そのビスを外し、5の六角レンチでカウルを固定しているボルト(左右各1本)を外し、こんな感じでフリーにします。

そうすると写真で見える14mmのボルトを緩める事ができます。

すべて外して作業したいところですが、上のカウルも外さないといけなくなるため、省略します。

エンジンオイル排出!

14mmボルトを緩め、古いエンジンオイルを排出します。

予想通り、1500キロ程度しか走行していなかった為、かなり綺麗でした…。

目的はオイルエレメントなので気にしないでおこう。

CBR250Rのエンジンオイル量はエレメント交換を行った場合1.5L

と書いてある。

その前に購入したエレメント!

ドレーンワッシャー、オイル注入口のパッキンがついててまとめて交換できて便利でした。

レブルにも使えるみたい。

オイルを排出し終わったら、ドレーンを新品へ交換し、締めすぎないように気をつけて締め付けます。

エンジンオイルエレメント交換作業

メインのエンジンオイルエレメント交換へ入ります。

オイル注入口側、カウルを外すと4つのボルトで止まっている小さなケースが見えます。

ここにエンジンオイルエレメントが入っているので、ボルトを取ります。

エンジンオイルが漏れ出てくるので下に受けを用意しておきます。

外すとこんな感じです。

パーツクリーナーで油分を取り除き綺麗にします。

この際、古いパッキンをきちんと外したか確認することを忘れずに!

謝って2枚組み付けると漏れの原因にもなるので注意です。

思ったより綺麗すぎてがっかり。

実は交換したてたのかな?

ま、いいかー。



パーツクリーナーで綺麗にして新しいフィルターへと交換します。

締め付けたらエンジンをかけて漏れがないか確認

最後に締め付けたことを確認し、エンジンオイルを規定量いれてエンジンを始動し、漏れ確認をします。

しばらくアイドリングをして、漏れる様子が無ければ、これで作業完了です。

22836kmでのエンジンオイル交換。

次回は25000キロあたりでの交換となりそうです。

最後まで見ていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA