雨の日のYB125SP走行日記

バイク乗りに1番困るのが雨です。
車と違い、生身での運転であり、雨風をしのぐことができません。
それでもバイクしかない方々は雨が降ろうがバイクで通勤や買い物にに行くしかありません。



家族の車しかない私もそんな1人です。

今日はあいにくの雨。
いつものようにバイクを爽快に飛ばすのは少し怖いです。
路面が濡れており、転倒経験もある私は、雨の日はいつもの何倍も集中して運転しております。
YB125SPはよく路面が濡れていると滑るという書き込みが多いですが、

どうやら間違いではないです。

道路の線やマンホール、橋の繋ぎ目は気をつけないと本当に滑ります。

本日白線で滑りましたw

こけてはないですが。

もともとタイヤの細いYB125SP。

さらに中国産タイヤが装備されており、グリップ性能が非常に悪いそうです。

濡れたタイヤを触るとヌルヌルしているなどの書き込みも見られました。

国産のタイヤに変えた方が安全かもしれないけど、もったいないので使いきりたいというのが本音であります。

鯖びが嫌なので、私は雨天走行した後に必ず水拭きと乾拭きをしてます。

私のYB125SPは完全防水ではないこの汎用メーターをつけているので、鯖びると狂いそうで心配なので欠かさず雨水は吹いています。

少しでも路面が濡れていると怖いけれども、スピードを抑えて運転すれば、この純正タイヤでもそこそこ大丈夫な気がします。

このYB125SP、もう一つ不便な点があります。

それは雨の日はエンジンがかかりにくいこと。

キャブ式のこのバイクは、湿気と気温が低い時にはかなりエンジンがかかりにくいです。

チョークを引いても、すぐにプスンと止まります。

対策品のキャブヒーターをつけないと、この先厳しそう。

購入考えていますw

さらに冬がくると凍結の心配も出てきます。


安全に乗るためにタイヤやキャブヒーターを検討した方がいいかもですね。

そんなYB125SPですが、不便な点も含めて、ものすごく気に入っているので、これからも綺麗に乗り続けたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA