ルーミーのルームランプ交換作業 その2

前回はフロント部分だけの作業内容だけとなってしまいましたが、今回は残りの箇所のスライドドアのラゲッジランプ、センターランプ、ナンバー灯の作業を書きたいと思います!



最初にセンターランプの交換からです。

後部座席に座って手前の方に爪が左右についています。

今回はレンズのみ外しましたのでその方法を記載します。

そこを内張剥がしで押してやります。

小さいですが、こんな感じで爪が左右についています。

外すとバルブが見えます。

あとはバルブを取ってLEDに交換するとOKです。

フロント同様に極性が逆だと付かないので、確認はしておきましょう。

レンズ付けた後に付かなかったらまた外さないもいけなくなるので、手間がかかってしまいます。

点灯したら爪を折らないようにレンズを戻して作業完了!

ハロゲンよりも室内が明るくなりました!

緑の反射してるのは実物では映らないので大丈夫です。

スライドドアのラゲッジランプ交換作業です。

こちらは比較的簡単にできました。

スライドドアを開けてレンズの上をを見てみると、ドライバー等を引っ掛ける窪みがあります。

そこを使って手前に出してあげるとレンズがとれてバルブが出てきます。

こんな感じです。

バルブを板状のLEDに交換して、点灯したらレンズを元に戻します。

これで作業完了です。

左右とも同じなので、この手順で反対側も作業できました。



いよいよ後半のトランク部分です。

トランクの上にあるランプから交換します。

後部座席からでもトランクを開けてからでも作業できそうです。

寒いので後部座席から作業しました。

後部座席から見て手前に爪があるので、内張剥がしで押してやります。

そうするとカプラと一緒に落ちるのでカプラを抜いて単体で作業します。

裏から出来そうだったので、精密ドライバーでバルブを割らないように押して外して、板状のLEDバルブを入れてやりました。

点灯確認して、点灯したら元に戻します。

続いてトランクから見て左下にあるランプの交換です。

こちらもスライドドアのランプと同じ感じで外すことが出来ます。

付きっぱなしなので温度注意です。

板状のLEDに交換して元に戻して作業完了です。

 

これでルーミーの室内ルームランプは全てLED化させることができました。

残すはナンバー灯の交換です。

最後まで見ていただきありがとうございました!

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA