iPhoneを売る前にすること3点 ーiPhone6sを売却ー

iPhoneを携帯会社に下取りに出さずに、端末買取店で買い取ってもらう方が、ここ最近多くなりました。



ここ最近、中古端末と、格安SIMを購入し、契約することで、携帯料金を大幅に下げる方法が流行し、中古の端末の買取に力を入れているお店も増えてきています。

私も最近iPhoneを下取りに出さずに、買取店に査定してもらい買い取りをしてもらったので、その際に行った端末の初期化方法を記事にしたいと思います。

・まずは古いiPhoneの「iPhoneを探す」項目をOFFにする

この設定をしないまま初期化すると、アクティベーションロックという機能が働いてしまいます。

・アクティベーションロックって?

Phoneを落としたり、盗難にあった際に第三者に勝手に使われないようにロックする機能です。
アクティベーションロックは、Apple IDにロックのオン・オフ情報が紐付けられており、iphoneを探すをオンにすると、アクティベーションロックもオンになります。

オンにしたまま初期化すると、使えなくなるようです。

必ずオフになっている事を確認しましょう。

ー操作方法ー

1.アプリの「設定」から、自身の個人情報が載っている画面をタップ

2.「iCloud」を開き、下にスクロールすると、「iPhoneを探す」という項目があります。

3.項目をタップし、パスワードを入力して、オフにします。

・Apple IDからサインアウトする

iPhoneを探すをOFFにした後は古いiPhone端末のApple IDをサインアウトしておきます。

この操作を行わないと、現在使っている新しいiPhoneのデータも消えることがあるので必ず行います。

私の場合はiPhone6sなので、古いiPhoneと新しいiPhoneが連携している状態になっています。

この原因は同じApple IDを使っている為に起こるようで、古いiPhone(今回はiPhone6s)サインアウトすることで新しいiPhoneとの連携が解除されるようです。



ー操作方法ー

1.サインアウトをタップし、「iPhoneから削除」をタップ

2.Apple IDパスワードを入力し、「OFFにする」をタップして完了です。

・全てのコンテンツと設定を消去

上記2つを終えたら、いよいよ全てのデータを初期化する作業に入ります。

最後に、移し忘れているデータがないか確認しておきましょう。

復元はできませんので注意です。

ー操作方法ー

1.iPhoneの「設定」アプリを起動

2.スクロールして「一般」の項目をタップ

3.下にスクロールして「リセット」の項目をタップ

4.「全てのコンテンツと設定を消去」をタップします。

まぎらわしいのが「全ての設定を消去」

という項目があるので、そちらではなく、

「全てのコンテンツと設定を消去」

をタップします。

5.パスワードを入力し、「iPhoneを消去」

をタップします。

最後にApple IDを入力したら

初期化が始まります。

初期化後に私はSIMを抜いた状態で初期化をしたので、きちんとデータが消えているか確認が出来ませんでした。

SIMを入れれば確認出来ますが、私はお店の方に頼んで、消えているか確認してもらいました。

・買取してくれる店頭へ持ち込む

いよいよ買取です。

今回査定をお願いしたのはゲオです。

店頭を見てみると、iPhone6sは最高21000円で買取をしてくれるようです。

(2017年12月現在)

いよいよ結果です。

私のiPhone6sはカメラ回りに傷が多数と、裏面に小さな凹みが1ヶ所あり減額となってしまいました。

結果は12600円でした。



・まとめ

傷が多めの方は店頭に買取ってもらうのではなく、携帯ショップで機種変時に下取りした方が高いかもしれません。

凹みには特に厳しいらしく、凹みがあるiPhoneは下取りがベストかもしれません。

初期化は上記の作業をきちんとして買取してもらいましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA