デュエルリンクス タッグバトル用ネタデッキ

遊戯王デュエルリンクスのデッキ考察です。



現在開催中のイベント

タッグバトルですが、なかなか面白いイベントではないかと思います。

しかし、パートナーが思った通りの行動をしてくれなく、負けてしまう事も多々あります。

そんな状況が続いていたので、ネタデッキを作ってみました。ネタといってもサポートを主にしたサポート方デッキです。このデッキで最終戦である闇遊戯と武藤遊戯のタッグに勝利出来たので、なかなか使えるのではないかと思っています。

ーカード一覧ー

・人喰い虫 ×1

・クリボール ×1

・マーダーサーカス ×3

・ドリーム・ピエロ ×3

・朱い靴 ×3

ー魔法カードー

・一角獣のホーン ×3

・エネミーコントローラー ×2

ー罠カードー

・イタクァの暴風 ×1

・断頭台の惨劇 ×3

以上

合計20枚



ーオススメキャラー

・誰でも可

どんなキャラクターでも使えます。

ーオススメスキルー

・何でも可

特にすすめるスキルもないので、サポートに向いているスキルがいいかなと思います。

ー戦法ー

・サポートに徹するので、とにかく相手のフィールドのモンスターを無くすことに専念する。

パートナーに攻撃面は任せて、自分はひたすらモンスター除去に専念します。

一角獣のホーンでパートナーの出したモンスターを強化するのもありです。

・ドリームピエロやマーダーサーカス、朱い靴のコンボ技

ドリームピエロやマーダーサーカス、朱い靴が揃えば、朱い靴をリバースさせて、ドリームピエロとマーダーサーカスの効果で除去することが可能です。

マーダーサーカスは手札に戻すだけなので、出来ればドリームピエロを使用したいところです。

闇遊戯はいきなりブラックマジシャン、武藤遊戯はいきなりマグネットバルキリオンを召喚してくるので、到底太刀打ちできませんが、イタクァの暴風や断頭台の惨劇で対処しましょう。



ーデメリットー

・モンスターが弱すぎる

攻撃力、守備力が低すぎるので、やられてしまうことも多々あります。

・一角獣のホーンの効果が面倒なことも

一角獣のホーンの効果はフィールドから離れた場合に、デッキの一番上に戻るという効果がついてます。

これが案外邪魔だったりすることもあるので、面倒と思う場合は違う装備魔法で対処するといいかもしれません。

・リバースカードが多いため、場を圧迫しがち

イタクァの暴風、断頭台の惨劇、この2枚を召喚するだけでも3つの場の内2つを使います。

パートナーがリバースカードを伏せるとこのコンボが使えないことも…。

タッグバトルは難易度が高いですが、最高報酬を目指して頑張りましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA