今までにYB125SPにつけた部品

こんにちは!

徐々に桜も咲きはじめ、もうすっかり春日和ですね。

バイクでツーリングに行くのが楽しみなシーズンとなりました。

私も今年はYB125SPに乗って1年が過ぎ、いろいろなところへ出かけてみたいと模索しています。

そんなYB125SPですが、愛着が湧くといろいろいじってみたいものです。

今日はそんなYB125SPに実際に取り付けでみた部品を記事にしてみたいと思います。


さて、私は半年前にバイクで転倒してしまい、多くの部品を破損してしまいました。

これを機に、自分で壊れた部品を交換してみようと思い、いろいろな部品を探しました。

カバーが大破してしまったメーターは純正品は意外とお高く、なかなか手が出ずにいました。

そこで、多くの先輩ブログを拝見し、メーターを交換している方はどんな物を取り付けているのか調べました。

見ているうちに、バイクってどんなメーターでも、やろうとすれば取り付けられるんだなーと思い、純正品をやめて、思い切ってこの社外品を取り付けてみることにしました。

結果は無事取り付けることができ、純正品の頃と見た目も大きく変わりました。

シフトインジケータと燃料メーターは無くなりましたが、見た目もブルーのLEDとなり、大満足しています。

続いて交換したのはグリップです。

これも転倒時に破れてしまい、見た目も悪く、酷いところはハンドルのパイプ部分が見えるほど破損してしまったので、これも社外品に交換しました。

YB125SPのハンドルのグリップのサイズは7/8インチのサイズであればどの汎用グリップも使えます。

貫通タイプや非貫通タイプもあるので、ここは自分の好みに合わせて自由にカスタマイズできますね。

私はこの非貫通タイプのグリップを取り付けてみました。

見た目もかわり、車体がカラフルになりました。

ほんの少しだけ、純正グリップよりも短いです。

次に、最近交換したバッテリーです。

YB125SPは中国産のバイクなので、中国語で書かれたことバッテリーが搭載されています。

新車から一度も交換していない場合は、このような赤文字で書かれたバッテリーが搭載されているはずです。

私のこのバッテリーは先日出先で突然動かなくなり、大変な思いをしました。

かかりが悪いなど、バッテリーに不安を感じたら早めの交換をオススメします。

YB5L-Bが対応品番で、ホームセンターでは見つけられなかったので、一年保証のついたバッテリーを選びました。

まだまだ交換してみたい部品はたくさんあるので、時間とお金のお許すときにチャレンジしてみようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA