ルーミーのオイル交換作業(10000万キロ)

こんにちは!

ここ数週間は連続した厳しい暑さで大変ですね。



40度を超える気温が多発するなど、真夏らしさを感じさせます。

熱中症にならないように要注意です。

そんな暑い中、新車購入してから1年ちょっと経ったトヨタ、ルーミーがついに10000キロを超えてしまいました。

100キロ以上オーバーしてしまいましたが、2度目のオイル交換をこの炎天下の中作業することに!

ルーミーはジャッキアップポイントが遠い!

真ん中よりやや前あたりにジャッキアップポイントがあります。

少し潜らないと長いジャッキでもバンパーに当たってしまいます。

気のせいかもしれませんが、ルーミーカスタムってバンパー結構低くないです?w

2回くらい坂道で擦りましたw

まぁそれは置いといて、

ということで、助手席側からジャッキを入れてあげました。

こんな感じ。

真ん中あたりに丸いボコッとした凸部があるので、そこにジャッキをセット。

グイグイあげて行きます。

このカバーの部分にオイルドレーンとエレメントが隠れています。



下回りは結構汚れていますね…。

次回はエレメントも交換ですね。

14のメガネレンチでオイルドレンを緩めてオイルを抜いていきます。

6000キロでもかなり汚れていますね…。

思ったより真っ黒でした。

次回は15000キロで交換しようと思います。

ドレーンを締めて、ボンネットを開けて注入口から新しいエンジンオイルを入れていきます。

今回ルーミーは3L入れました。



レベルゲージで確認するとちょうど良いあたりにあるので良しとしましょう!

さて、次はYB125SP のオイル交換もしないとな!

ルーミーさん!

これからも長くよろしくお願いします!

最後まで見ていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA