YB125SP ウインカー交換作業

こんにちは!

朝晩は寒くなり、気温の変化が激しくなりましたね。

 

日中は程よい気温で過ごしやすいですが、まだまだ暑い日もありますね。

体調管理には気をつけたいところです。



さて、先日の台風24号により、私のYB125SPは風に煽られ、転倒してしまいました。

その衝撃で、ミラー折損、ウインカー破損と、大きな被害を受けてしまいました。

さらに、となりに置いていたCBR250Rも、YB125SPが乗っかった形で転倒してしまい、カウルに傷と割れが出来てしまいました…。

本当に腹ただしいです!

後悔しても仕方ないので、とりあえずウインカーをネットで注文し、交換することに。

前回とは少し形状の違う、横長タイプのウインカーをチョイス。

もちろんメッキ加工です。

早速作業です。

サイドカバーを両方外し、シートの10ミリボルトを外し、シートを取ります。

シート下にリヤウインカーの配線があります。

外しました。

随分とホコリがたまっていますねー。

軽く水拭きして汚れた部分を拭いておきました。



シートを外してすぐ見える配線がウインカーの配線です。

ビニールテープを剥ぐと、やはり配線がベタベタでした。

まぁ気にしない!

前回のウインカーは配線が少し短かったので自分で配線加工して、伸ばしています。

配線をまとめてあるケースの中にはこのように配線が入っています。

今回付け替えるのは深緑の配線と茶色の配線、黒のアース線2本のみです。

届いた状態でギボシは付いているのですが、細線のため、ギボシが小さいです。

なので太いギボシに付け替えます。

せっかくギボシをつけてあるのにもったいないですが、車体側ん付け替える方が面倒なのでこっちを付け替えます。

細線なのでそのままギボシを入れると、すぽっと抜けてしまいます。

導線をねじって手前に折り込み、ギボシを配線ごと噛ませます。

これを4つ全てやります。

ちなみに、このウインカーの配線、どっちの色をアース線にしても点灯します。



今回は緑をアース線に統一しました。

前回のウインカーを取ります。

実は少し荷台に当たっていましたw

随分とメッキが剥がれてしまってすが、値段相応の仕事はしてくれたと思っております。

1年使えばこんなものでしょう!

ウインカーを固定しているフェンダー裏の14ミリのナットを外します。

割れた部分から水が浸入していました。

これではいずれ中身が錆びだらけになるので交換して正解だったかな?

配線をついてあるように付け直し、位置を決めて固定します。

少し小さめですが、荷台も上手い具合に交わしていいですね!

反対も同じように作業して、とりあえずリヤは作業完了です。

続いてフロント!

ここが割れたウインカーです。

グラグラなので、いつ落ちても不思議ではありません。

ヘッドライトを外し、配線探し!

ごちゃごちゃしてて分かりにくいですが、YB125SPはとにかく配線を収納する場所がないので、こうなってしまいます。

ウインカーの配線がありました。

リヤと同じ配線色です。



深緑と茶色です。

ヘッドライトを全て外すと、スペースができてやりやすいですが、今回はつけたまま作業です。

内側の固定ナットをスパナで器用に外し、付け替えます!

配線はヘッドライトカバーの穴を通して、元どおりに配線を付け直します。

とりあえず組み付ける前に点灯確認!

無事に点灯したので、位置決めをしたらヘッドライトやシート、サイドカバーなどを元どおり組み直します。

これで作業は完了です。

ちっちゃい!!!

でもこれはこれでスリムな感じでいいかwww

作業してて気づいたのですが、メーターのフレームが凹んでいました…。

かなりショックです。

次はハンドル交換にチャレンジしよう!

最後まで見て下さりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA