スズキ パレットのエンジンオイル、エレメント交換作業

こんにちは!



日中の気温もだいぶ上がり、もうすぐ春がやってきそうな暖かい日々が続いていますね!

それでも、朝と夜は寒いので、体調管理はしっかりしないといけませんね!

さて、日中はだいぶ気温が上がっていたので、休日にスズキ パレットのエンジンオイルとエレメントの交換作業を行いました。

8000キロ、半年以上交換されていないということで、交換です。

・用意するもの

  • エンジンオイル(今回はカストロールの10w-30を3リットル)
  • メガネレンチ(14ミリ)
  • エンジンオイルエレメント(今回はDENSOのSZ-01番のものを使用)
  • 廃油処理するための箱(ホームセンターにあり!)
  • フィルターレンチ
  • オイルジョッキ(出来ればノズルが長いもの。)
  • パーツクリーナー
  • ウエス

以上です。

それでは作業に移ります!

 

まずはボンネットを開けてエンジンオイルの給油口を緩めます。

次にオイルレベルゲージも上に浮かせ、エンジンオイルの廃油を早く排出出来るようにしておきます。

さてジャッキアップして、今回はタイヤ交換も兼ねていたので、運転席側のタイヤを外した状態で作業します。

 

 

下を覗いてみると、まぁ作業しやすいところにオイルエレメントがありました。

そのすぐ近くにドレンボルトがあるので14のメガネレンチで緩めてオイルを外します。

 

ここですね!

アンダーカバーない車はやりやすい!

その分汚れるけど。

ホームセンターに売っている定番のやつです。

これは普段の燃えるごみとして処理できるので非常に便利。




ただ、価格は280円程度とやや高め。

 

 

完全に抜け切るまでしばらく放置します。

そのあいだにオイルエレメントを用意と、ドレンボルトを清掃、点検!

オイルが抜けたらドレンボルトを締めます。

 

 

スズキ パレットの対応するエレメントはどうもこれらしい。

裏面の適合車種には記載されていないけど、使えるみたいです。

DENSOのSZ-01という品番です。

価格は1000円ちょっとでした。

オイルフィルターを外します。

が!

このタイプのフィルターレンチはやめたほうがいいです!!w

狭くて回せません!

カップタイプのフィルターレンチをオススメします!

今回はこれしかないので無理矢理回しましたw

固くなくてよかったw

 

 

かなりオイルが漏れでてきます。

オイルエレメントはオイル交換3回毎に1回交換する程度でやっています。

オイルが止まったら、オイルエレメントを回して外し、エンジン側のオイルを拭き取って、新しいオイルエレメントと交換します。

取り付ける際にはオイルフィルタのパッキンに、エンジンオイルを塗布することを忘れずに!

オイルエレメントを締める際は、手で回るところまで目いっぱい締めた後、工具で1/4回転くらい回す程度で十分です。

締めすぎはオイルフィルターを凹ませてしまい、漏れる危険があったり、次回交換時に苦戦しますw

 

ドレンボルト、オイルフィルターをしっかりと締めたらいよいよ新しいオイルを注入です。

スズキ パレットのオイル量は

オイルのみの交換で2.7L

オイルフィルターとセットで交換の場合は2.9L

となります。

注入したらエンジンをかけて漏れ確認!

これにて作業完了です。

次はバイクのオイル交換しよう。



最後まで見ていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA