バイクの税金はいくらかかる??排気量別にみてみよう!

バイクを買うにあたって大きく気になることは、やはり自動車同様

税金

ではないでしょうか。



今回はそんな悩みを解決できるように、排気量別に税金を見てみましょう!

・原動機付自転車

まずは原動機付自転車(原付)をみてみましょう。

道路交通法では50ccスクーターのことを示しますが、道路交通車両法では排気量125cc以下のバイクを含めて原動機付自転車と呼ぶようです。

50cc以下を第一種原動機付自転車

50cc以上125cc以下を第二種原動機付自転車

と区分しています。

原付バイクには、重量税に関しては負担はありません

軽自動車税のみの支払いが生じます。

税額は第一種原動機付自転車(50cc以下)が2000円

第二種原動機付自転車は以下のようになります。

50cc以上90cc以下

2000円

91cc以上125cc以下

2400円

・125cc以上249cc以下

続いて125cc以上249cc以下のバイクについてみていきます。

ここから重量税が必要になってきます。

購入時に4900円の重量税が必要になります。

250以下のバイクの重量税が必要になるのは1回だけです

車検はこのクラスまでは必要ないので、あとは軽自動車税3600円が必要になります。

・250cc以上400cc以下

ここから車検が必要になります。

重量税も車検ごとに必要になります。

また、古いバイクほど、重量税高くなってしまいます。

0~12年経過したバイクの重量税が年間1900円

に対し、13年以上経過したバイクは年間2200円となっています。

さらに18年以上経過した場合は、年間2500円必要になります。

軽自動車税は6000円となっています。

平成28年より、バイクの課税方法が変わってしまい、税額が引き上げとなってしまったため、上記の価格になりました。

乗りたいクラスの税金がどのくらいになるのか確認してみてくださいね!

 

これから購入する際の参考になれば幸いです。




スポンサーリンク
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA