YB125SPの部品のいろいろ交換してみたよ!その2

前回は簡単な交換作業でしたが、

今日はちょっとレベルアップです。




少し手惑いましたが、なんとか取り付けることが出来たので、紹介します!

 

・メーターの交換

この作業に1番時間がかかりました。

まだまだ未熟ですね。

勉強が足りません…

多くのブログを参考にして、なんとか取り付けられました。

↓外した純正

 

転倒して、カバーがぼろぼろになり、純正を探してみたものの、1万円近くなので断念。

使えないことはないですが、カバーなしはちょっと微妙なので社外品に交換することに…

今回使用したのは下の激安輸入品のメーターです。

 

LEDがブルーに光り、なかなかカッコ良さそうなので購入!

早速取り付けへ!

しかし、今までバイクをいじったことないのでなにからやれば良いのか、苦戦…

このYB125SPにはシフトインジケータが付いているけど、今回のメーターにはNランプのみを使用します。

マスキングしてますが、この6本の配線が束になってるのがシフトインジケータの配線です。

車体にも同じ色で付いてます。

この6本の中の水色の配線のみを使用します!

水色の配線がNランプの配線です。

他の5本は絶縁処理して付かないようにしました。

今回付けるメーターの配線色は

赤 バックランプ+

青 ハイビーム+

黄色 ウインカー+

黒 2本 アース(ウインカーとハイビーム、もう一つはバックランプのアース)

緑 Nランプ+

白 Nランプアース

タコメーターは

長い赤 +

長い黒 アース

短い黒 +

短い緑 アース

黒と黄色の配線 パルスの配線

となってました。

電気はACCの配線から取りました。

ヘッドライトの中の配線を探ると、赤と茶色の配線がでてきます。

どうやら、赤の配線がバッテリーの+、茶色がACCの配線みたいです。

バックランプは茶色の配線(ACC)から取り、配線はメーター後ろの固定ナットでボディアースにしました。

最初はメーターの配線をバッテリーの+から取ってしまったのでバッテリー上がりを起こしてしまいました。

気をつけましょう…

これが車体の配線色です。

黄色 ハイビーム

こげ茶 左ウインカー+

黒っぽい緑みたいのが右ウインカー+

青と黄色の二色線はパルス線

Nランプについては+をACCからとり、Nランプのアースを、元々あるシフトインジケータの配線の水色の配線に接続しました。

これらを新しいメーターに付け替えてみましたが問題発生。

パルスの配線を繋げてもメーターが動かない…。

ダメだったので、車体のパルス線を使わず、いろいろ調べて直接配線を繋げることに。

燃料タンクの下のところから配線を分岐し、電源を取ることに。

見事、メーターが回りました!!

つけてみるとこんな感じです。

 

おお!

無事完了です。

続く!





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA