YB125SPのエンジン不調を究明する!

こんにちは!

ようやく…ようやく気温が下がり始めましたね!

それでも30度超えは観測していますが、例年にない猛暑のせいか、涼しく感じてしまうほどになりましたね!



そんな9月の始め、YB125SPで転倒してから1年となりました。

今でもYB125SPは元気に走っています!

……と思いきや、先日通勤しようとすると、電装系が全く付かないではないですか!!

昨日まで普通に動いていたのに…。

仕方なくその日は車で行きましたが、仕事中もなぜエンジンがかからないのかずっと考えておりましたw

帰宅して、すぐにブースターケーブルを引っ張っても症状は変わらず…。

困った困った…

バッテリーを疑い、バッテリーを新品取り寄せてみることに。

今のバッテリーはジェル型のメンテナンスフリーのタイプなので、今回は自動車でもよく使われるタイプのバッテリーを取り寄せてみました。

YB5L-Bと同じ品番に該当するバッテリーです。

結構かっこいい箱!

自分でバッテリー液を入れて1時間自然放電させるか、充電器で1日充電するかで使えるようになるようです。

早速充電です。

1日おいといてバッテリーをYB125SPへ取り付けてみます。

元のバッテリーを外した画像、一応右側のヒューズボックスを確認するものの、ヒューズが飛んでいる様子は無し。

ますます分からないw

バッテリーを付けてみます。

前を走っている配線はキャブヒーター です。

エンジン始動!

一回エンジンがかかり

やはりバッテリーか!

と思いアイドリングをしているといきなりプツン!

え??

なぜwww

キーを回しても何も始動しない状態です。



バッテリーではないということはなんなのか…。

詰んでいたところでフォロワーさんに質問してみると

・スターター不良(一度バラしてブラシ等を清掃する)

・キーシリンダー不良(こちらも清掃)

・電装系のどこかのアース不良

などなど、たくさんの怪しい箇所を教えていただきました!

ありがとうございます!

で、たくさん教えてもらった中の上記3つを試してみることに。

まずは簡単なアース不良を探してみました。

私のYB125SPはメーターを自分で交換しているため、メーターのアースをボディーアースにしています。

自分で作業したキャブヒーター 、メーターのアースを一度外し、新しいナットに付け替え、アースを少しヤスリで磨いてみました。

原因はアース不良でした。

見事、いつも通りのYB125SPに戻ってくれました!

良かった良かった!

ボディーアースはどうしても剥き出しになっているので、何か対策を立てないといけませんね…。

出先でこういうことが起こらないように、日々メンテナンスしていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA